minpoukaisei

スポンサーリンク
NO IMAGE 432~435-2 連帯債権

連帯債権について

改正民法において、新しく規定されました連帯債権についてです。
NO IMAGE 470~472-4 債務の引受け

債務の引受けについて

改正条文は、6つあります。
NO IMAGE 709~724-2 不法行為

不法行為について

変更された条文は、3つです。
000 コメント

危険負担は、雇用契約で考えるほうがわかりやすいと思う

危険負担は、双務契約における非金銭債権が「履行不能」になった場合に、そのことはもう一方の債権にどのような影響を与えるか?というハナシです。
NO IMAGE 623~631 雇用

雇用について

改正点は、大きくわけると2点です。報酬についてと、解除、解約についてです。
NO IMAGE 587~592 消費貸借

消費貸借について

改正点は、5つあります。
NO IMAGE 549~554 贈与

贈与について

次の3点の改正があります。1 他人物贈与は有効であることを条文上表現しています 2 書面によらない贈与の「解除」 3 贈与者の担保責任、です。
NO IMAGE 632~642 請負

請負について

主な変更点は、3つ。1つは、仕事が中途で終わった場合の報酬についての規定をおいたところ。もう1つは、担保責任の規定の大幅な変更です。3つ目は、注文者の破産による請負人または破産管財人の解除権です。
NO IMAGE 000 コメント

民法改正についてその前提をおさらいする

平成29年民法改正をまず履行不能という概念の解説からスタートしようとしています。
NO IMAGE 000 コメント

民法改正についてその前提をおさらいする 履行不能について

民法改正についてその前提をおさらいする(1)からの続きです。 前編(1)では、「契約から債権が生まれる」ということを確認しました。 次にここでは、契約から生まれた債権が「消える」場面について考えていきます。
スポンサーリンク