435条の2 相対的効力の原則

新法 旧法(現行法)
 
第四百三十二条から前条までに規定する場合を除き、連帯債権者の一人の行為又は一人について生じた事由は、他の連帯債権者に対してその効力を生じない。ただし、他の連帯債権者の一人及び債務者が別段の意思を表示したときは、当該他の連帯債権者に対する効力は、その意思に従う。
 
 
新設
 

連帯債権について、目次(カテゴリーまとめ)は、こちらをクリック

コメント