433条 連帯債権者の一人との間の更改又は免除

新法 旧法(現行法)
 
連帯債権者の一人と債務者との間に更改又は免除があったときは、その連帯債権者がその権利を失わなければ分与されるべき利益に係る部分については、他の連帯債権者は、履行を請求することができない。
 
 
新設
 

連帯債権について、目次(カテゴリーまとめ)は、こちらをクリック

コメント