434条 連帯債権者の一人との間の相殺

新法 旧法(現行法)
 
債務者が連帯債権者の一人に対して債権を有する場合において、その債務者が相殺を援用したときは、その相殺は、他の連帯債権者に対しても、その効力を生ずる。
 
 
新設
 

連帯債権について、目次(カテゴリーまとめ)は、こちらをクリック

コメント