423条の5 債務者の取立てその他の処分の権限等

新法 旧法(現行法)
 
債権者が被代位権利を行使した場合であっても、債務者は、被代位権利について、自ら取立てその他の処分をすることを妨げられない。この場合においては、相手方も、被代位権利について、債務者に対して履行をすることを妨げられない。
 
 
新設
 

コメント