423条の2 代位行使の範囲

新法 旧法(現行法)
 
債権者は、被代位権利を行使する場合において、被代位権利の目的が可分であるときは、自己の債権の額の限度においてのみ、被代位権利を行使することができる。
 
 
新設
 

コメント