624条の2 履行の割合に応じた報酬

新法 旧法(現行法)
 
労働者は、次に掲げる場合には、既にした履行の割合に応じて報酬を請求することができる。
一 使用者の責めに帰することができない事由によって労働に従事することができなくなったとき。
二 雇用が履行の中途で終了したとき。
 
 
新設
 

雇用について、目次(カテゴリーまとめ)は、こちらをクリック

コメント